スポーツ選手の美容 日光ケア

日光

サッカーやソフトボールなどの屋外競技をするスポーツ選手は、日光によるダメージを受けやすいです。そのため、美容のためには紫外線対策が必要です。基本は日焼け止めクリームやスプレーを塗ることですが、それでも日に焼けてしまうことはあります。

なので、日に焼けてしまった後のケアが大切です。日焼けは火傷と同じなので、まずはしっかり冷やすようにします。夏場であれば冷たいシャワーを浴びたり冷水に浸かって体を冷やしてもいいでしょう。アイシングするという方法もありますが、冷たすぎると血行が悪くなって逆効果になることもあるので、タオルで巻いて行ったほうがいいです。

スポーツ選手は毎日のように日光を浴びることになるので、できるだけ長い時間使える汗で流れてしまわないような日焼け止めを使ったほうがいいです。昔は黒く日焼けしているほうが健康的と言われてきましたが、今では皮膚ガンなどのリスクもあるので、健康と美容のためにもしっかりとしたケアが必要です。

医者

スポーツ選手の美容とお手入れ

手入れ

スポーツ選手は人一倍美容のためのお手入れには気を遣っていますが、それは野外スポーツも多く、発汗量も多いために、ケアが重要になるからです。特に強烈な日差しの下で活躍をすることが多いスポーツ選手は、紫外線対策も怠ることはないです。健康的な肌の色を保つためにも、日焼け止めクリームは必須であり、紫外線のダメージから守るためにも、UVケアは欠かすことがないです。

強い日差しは肌トラブルを起こしやすいことから、ビタミンCも日ごろから多く摂取をしていますし、化粧品でもビタミンC配合のタイプを愛用する選手は多いです。特別なことをお金をたくさんかけて行うというよりも、美しい肌のためにできる地道なことを、選手たちも地道に行っています。

スポーツ選手は技術の高さで結果を出すのが、プロとしての仕事でもある半面で、常に見られている存在でもあります。多くの人の視線を集めるアスリートは、日ごろからのUVカット対策と保湿はしっかりと行っています。

対決

健康を守るプロトレーナー

筋トレ

スポーツ選手はストイックなトレーニングに打ち込まなければいけません。自分を極限まで追い込む必要があり、常人には想像する事が出来ない程、過酷な筋トレやランニング、そして減量をしなければいけません。その過程で、しばしば健康を崩してしまうスポーツ選手もいます。極限のトレーニングとケガのリスクは紙一重です。甘いトレーニングばかりだと、本人のパフォーマンスが伸び悩みますので、限界ぎりぎりまで自分を追い込む事が大事です。

しかし、スポーツ選手が個人的に我流で、激しい筋トレや減量をすると、結果的に間違った厳しすぎるトレーニングになりやすく、健康を害する原因となります。そのため、一流のスポーツ選手は皆、トレーナーを雇用しています。

筋トレや栄養のプロである、トレーナーに指導してもらえば、効率よく理にかなったトレーニングが出来ます。極限ぎりぎりの訓練が大事といっても、それが原因で肘や肩、そして心を壊しては本末転倒であり、専属のトレーナーの支援が不可欠です。

トレーニング

MenuNavi